お寺の参拝、お参りの仕方

LINE友達追加 オンラインショップ

お寺の参拝、お参りの仕方

お寺の参拝、お参りの仕方

2021/01/03

お寺へ参拝しに行こう

 

初詣

初詣とは、年が明けてから初めて神社やお寺にお参りし、1年間の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈願したりする行事です。

初詣は、おそらく日本人が一年で一番寺社仏閣に訪れるイベントで、普段はお寺や神社に行かない人も初詣はお参りするという人はたくさんいるかと思います。

ところで、初詣は神社とお寺のどちらに行けばいいのでしょうか?

神社は神道であり神様を、お寺は仏教であり仏さまを信仰の対象としています。

しかし、このようにはっきりと神様と仏さまを区別するようになったのは明治政府による「神仏分離令」が施行されてからで、明治以前の日本では神仏習合(しんぶつしゅうごう)といって、神様と仏さまは区別されることなく信仰の対象とする考え方が定着しており、神社の中に仏さまが祀られていたり(神宮寺)、逆にお寺に神様が祀られていたりしました。

なので、信仰上の理由がない限りどちらにお参りしても問題ないといえます。

神社やお寺にお参りする際は、正しい作法がありますのでしっかりと身に着けておきましょう。

神社の場合

鳥居をくぐる前に一礼する

手水舎(ちょうずや・てみずや)で手を清め、口をすすぐ

本殿の前で軽く一礼する

鈴を鳴らし、お賽銭を入れる

2回深くお辞儀をする(二礼)

2回手を打つ(二拍手)

合掌し、お祈りする

1回深くお辞儀する(一礼)

鳥居を出る前に軽く一礼する

が簡単な流れです。いわゆる二礼二拍手一礼というヤツですね。

 

お寺の場合

 

山門の前で一礼する

本堂の前で軽く一礼し、鐘を鳴らす

お賽銭を入れる

合掌し、お祈りする

軽く一礼する

山門を出る前に軽く一礼する。

 

注意点としては、合掌をするときに手を叩かないようにしましょう。

神社よりはシンプルかと思います。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。